様々な種類の欄

比較的育てやすい欄と呼ばれているのがデンドロビウムという欄です。熱帯アジアなどに多く生息し、日本にも自生している着生欄です。特徴的なのは、高い木の枝などの上に根を広げ着生するというランで、名前の中にも、ギリシャ語で木を意味する「デンドロ」という言葉と、生じるという意味の「ビウム」という言葉が利用されています。

デンドロビウム・ファレノプシス、普段愛好家から「デンファレ」と呼ばれることが多い子の花は、オーストラリアなどに自生し、ハワイなどで栽培されている事でも有名な花です。非常にかわいらしいイメージの花で、アレンジしやすいという特徴があるので、花屋さんで切り花として利用されることが多いです。

冬の鉢花として人気があるシンビジウムは、熱帯から温帯に広く自生する地生欄で、欄ななかでも寒さに強いということで育てやすいとされています。オンシジウムは亜熱帯、熱帯地域に広く分布している着生欄で、400種類の分布が確認されています。黄色で可憐、斑点がはいった小さい花はアレンジメントなどで利用されることが多いです。

バンダは洋欄の一種で、樹木の上に根を張る着生欄です。そのまま成長させれば、2m近くにもなるという大物で、色も紫、赤、白、黄色など非常にバリエーションが豊富ということでも有名です。特徴的なのはほかの欄には見られない青い種類があります。

パフィオペディラムは、熱帯、亜熱帯に自生する洋欄で、樹林の地面に根を張ります。一般的に地生欄ですが、この種類の中には着生欄も存在しています。花の下部分が袋のようになっていて、特徴的な欄です。