胡蝶欄とカトレヤ

日本でおなじみの胡蝶欄「ファレノプシス」やカトレヤなどがあります。カトレヤは世界で最もメジャーといわれる着生欄です。中央アメリカや南アメリカなどに30種自生しているとされ、寿命が長く栽培種としても魅力があります。

花言葉は成熟した大人の魅力、また貴婦人や魅惑的などがあり、官能的なイメージを持つ欄として多くの人から愛されています。ガーデニングで育て易いミニタイプなどもあるので、自宅で楽しめる花としても人気があります。自分で養分を蓄えることができるので、生命力豊かな種類です。

胡蝶欄は東洋欄の一種で、日本では贈り物としても利用されることが多いので、欄の中でもよく知られている欄です。日ごろ出回っているものの多くが交配種で、胡蝶欄は6つのグループに分けられます。

白花は純白で美しい花が特徴で、鉢花として利用されることも多い欄です。黄花はレモンイエローの可憐な花が特徴で、ピンク・赤花は淡いピンクや濃いピンク、濃い紅色の花が特徴的です。セミアルバと呼ばれるグループは、白色の花びらを持ち、中心が赤色という美しい花で、ストライプ・スポットと呼ばれるグループは、欄の花によくみられる細かい筋や斑点がでるグループです。最後にミニ、とてもかわいらしいお花で小さく可憐なお花を沢山見せてくれます。