欄の種類分け

欄の花の分類はいろいろで、分類は原産国による分類、また根の生え方による分類、さらい欄そのものの種類の違いなどで分類することができます。

欄は野生にこそ多数の種類があることで知られていますが、園芸用として販売されている欄については、カトレア、リカステ、ファレンプシスと呼ばれる胡蝶欄、シンビジウム、デンドロビウム、バンダ、パフィオペディラム、オンシジウムという8つがあります。

また根によって分けることもできます。欄は土の奥深くまで根を下ろしていく、地生欄、岩肌など、木の幹などに張り付き成長していく養生欄があり、地生欄は、木の幹や根に、水分をため込むためのタンクのようなものを作り、養生欄は昼気孔を閉じることで水分が蒸発しないように予防し、夜間光合成を行うという、植物の中でも非常に特殊な能力を持っている花です。

原産国による分類は、アメリカ、オーストラリア、勿論日本にも自生しており、世界各国で見ることができる花です。種類自体がすごく多いということ、またその種類によって、大きな違いが少ないので、大きく、東陽欄、洋欄と、原産国や生息地によって分けるということも多いです。

欄の種類については完全に把握できていないため、確固たる種類分けが難しいとも言われますが、園芸欄については代表格となる欄が8つ存在しているので、どのような花なのか知ることもできます。